本文へスキップ

火災などの災害のお問い合わせはTEL. 0767-22-2999(自動音声案内)




熱中症にご注意を!

◆熱中症とは何か?
熱中症とは…
・室温や気温が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体内の調整機能が働かくなり、体
 温上昇、めまい、倦怠感、ひどいときには、けいれんや意識障害など、様々な障害を起こす症状のことです。

◆熱中症の予防方法のポイント
・部屋の温度をこまめにチェック!
・室温28℃をこえないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう!
・のどが渇く前に水分補給!(運動・作業前にも水分補給を!)
・のどが渇かなくてもこまめに水分補給!
・外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!
・無理をせず、適度に休憩を!
・日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを!

◆熱中症の応急手当
・涼しい環境への避難
 風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などに避難しましょう。
・脱衣と冷却
 衣服を脱がせて、体から熱の放散を助けます。また、露出した皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことに
 より体を冷やします。氷のうがあれば、それを両脇の下、太ももの付け根、首などに当てて皮膚の直下を流れる血液
 を冷ますことも有効です。
・水分、塩分の補給
 大量の発汗があった場合には汗で失われた塩分も適切に補える経口補水液やスポーツドリンクなどが最適です。意識
 がはっきりしているなら、口から水分を与えて下さい。「呼び掛けや刺激に対する反応がおかしい」、「呼び掛けに
 答えない(意識障害がある)」時には無理に水分を飲ませようとすると、誤って水分が気道に流れ込む可能性がある
 ので、無理に飲ませないで下さい。

◆こんな時はためらわず救急車を呼びましょう
・自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない場合はためらわずに救急車を呼んで下さい。
・意識がない(おかしい)、全身のけいれんがあるなどの症状を発見された方は、ためらわず救急車を呼んで下さい。

【参考】
 石川県熱中症情報:http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kenkou/necchuusyou/necchuusyou.html
 環境省熱中症予防情報サイト:http://www.wbgt.env.go.jp/

ナビゲーション