本文へスキップ

火災などの災害のお問い合わせはTEL. 0767-22-2999(自動音声案内)


危険物運搬容器についてのQ&A

ガソリンや灯油、軽油は私たちの生活に密接した「危険物」です。
この「危険物」については、消防法上で、貯蔵や取扱い、運搬の方法について様々な規制がなされています。
普段何気なく使っている灯油等も、貯蔵や取扱いの方法を誤れば、火災や爆発など甚大な被害を及ぼす恐れがあります。
ここで、圏域住民の方々から多く寄せられる灯油用ポリ容器に関する質問について、お答えします。



 
灯油用のポリ容器でガソリンを運搬することはできますか?

できません。
ガソリン用として性能試験に合格した金属製容器を使用して下さい。
危険物保安技術協会の性能試験に合格した金属製容器を推奨します。
性能試験を受けた容器には次のような表示がされています。

          



 
灯油用のポリ容器にガソリンをいれたらどのような危険がありますか?

ポリ容器がガソリンの性質によって侵され、変形し、ガソリンが漏れるおそれがあります。
また、ポリ容器が静電気が溜まりやすく、フタを開けた瞬間に放電し、ガソリン蒸気に引火することで火災に至った事例もあります。




灯油用のポリ容器として認定を受けた運搬容器に軽油を入れることはできますか?

灯油用のポリ容器は灯油を入れることを前提として性能試験を受けているので、軽油を入れることは想定されておりません。
現在のところ、軽油用として性能試験をクリアしているプラスチック容器はありません。
軽油用として性能試験をクリアした金属製容器を使用して下さい。



セルフ式のガソリンスタンドで、自ら灯油を容器に詰め替える場合の注意点はありますか?

あります。容器の積み卸しの手間を避けるために、自動車の荷台にポリ容器を置いたまま灯油を入れている方を見かけることがあります。
もし容器から灯油が漏れてしまった場合は、高温状態のエンジンやマフラーに灯油が接触してしまうと、火災になる危険があります。
必ず容器を自動車から下ろして、指定された詰め替え場所で行って下さい。
なお、セルフ方式の給油取扱所で顧客が自らガソリンの容器詰替えを行うことはできませんので、容器へのガソリン詰替えが必要な場合は、従業員に依頼して下さい。

バナースペース